テレビで言ってたことをまとめニュース

ヨコテンマニア

ひとりごと

嫉妬心を捨てるには自分を過大評価しないこと

投稿日:

嫉妬って面倒くさいですよね。

できれば切り離したい。そう思っている方はいませんか?

今回は「嫉妬心を捨てること」について書いていきたいと思います。

嫉妬心ってどうして生まれるの?

では、まず嫉妬という感情はどうして生まれるのでしょうか?

嫉妬を感じたからといって、こういうことを冷静に考える人は少ないでしょうが、

嫉妬心は、他者への劣等感・または独占欲から生まれる感情です。

「Aさんより自分は全然ダメ…」

「Aさんがあれほど評価されているのがゆるせない」

誰しもそう思った経験があると思います。

でも、これって本質的にはAさんが嫌いだからとか、Aさんより自分が劣るからイライラしているわけではないんです。

 

今のAさんのような人になりたかった、

またはAさんのようなポジションに自分がいたかったから

という願望があるからなんです。

Aさんが嫌いでイライラしているなら、「嫉妬」ではなく「嫌い」で済む話ですもんね。

嫉妬心があると不幸になる3つの理由

しかし、嫉妬心がある限り人は不幸になり続けます。

これはなぜかというと、理由は3つあります。

それは

・競争があること

・自分より上がいること

・嫉妬心が邪魔になって学べなくなる

です。

1つずつ説明していきたいと思います。

競争があること

まず1つ目。

大抵の人は嫉妬心を感じると努力をしますよね。

もちろん物事にもよりけりですが、たとえば自分が得意だと思っていた分野ならば、相手に勝てるように必死で頑張るんじゃないでしょうか。

でも、これって実は競争を生んでしまっているということ。

競争を全否定しているわけではないのですが、

競争というのは、1人の勝者を除きすべて敗者という構造なのです。マラソンで考えるとわかりやすいですよね。一位は1人しかいません。

もっと言葉を変えるならば、勝者以外の全員が不幸を感じる可能性があるシステムなんです。

(可能性と書いたのは、個人のとらえ方次第だからです)

上が見えること

2つ目は「自分より上が見えること」です。

これは少しわかりづらいかもしれないので、例をあげて説明します。

たとえば、自然の景色が好きな人がいたとします。

彼は暇ができると、日本各地の滝や山を見に行って、緑豊かな日本の自然を堪能することに最大の幸せを感じていました。

そんな彼がある時、大型連休をもらって初めて海外旅行に行き、マチュピチュやピラミッド、ナイアガラの滝などを見ることになりました。

その旅行は大成功。

今までのちっぽけな日本の自然がなんだったのかと思うくらい、感動で足が震えました。

これが問題です。

では、そんな彼が日本に帰ってきて、それまで通り日本の素朴な景色に感動できると思うでしょうか?

答えはNO。

もちろん、100パーセントとは限りませんが、多分もう感動することができなくなっているはず。

ナイアガラ級の自然を見ないと、彼はもう満足できない不幸な人間になってしまったんです。

さて、これがなぜ「嫉妬が不幸になる理由」につながるのかというと、

1つ目の理由とも繋がりますが、

人は人と比較し競争することで不幸になります。

つまり、自分より優れた者や世界を知ることで、不幸になるんです。

先進国の人間は、自分たちと比べて発展途上国の人は貧しかったり生きる上での環境が悪かったりするので、彼らのことを不幸のように言います。

でも、実際はそうではないかもしれない。

なぜかというと、彼らにはその生活が普通で、他の豊かな国のことなんて知らないから。

学べなくなる

最後に3つ目。

学べなくなること。

たとえば自分より優れた人間がいたとして、その人に嫉妬していたら

嫉妬心が邪魔をして「学ぶこと」もできなくなる場合もありますよね。

そうしていては、いくら努力しようとしても、遠回りになってしまう可能性が高いです。

嫉妬心を捨てるにはどうしたらいい?

それなら、嫉妬心なんか捨てたい。

そう思う人も多いはず。

でも、難しいですよね。

ネットも発達した今、知りたくなくても他者の情報が溢れている環境で、それらを遠ざけるのは不可能に近いです。

では、嫉妬心を捨てるにはどうしたらいいのか。

答えは簡単。

自分を過大評価しないことです。

嫉妬心を無くすには自分を過大評価しないこと

嫉妬心とは、もちろん劣等感からも来ていますが、

自分への過大評価でもあります。

たとえば、仕事ができるAさんに嫉妬している場合、

「自分も頑張ればAさんのようになれるかもしれない」と思う自分はいませんか。

もちろん、ただの羨望・劣等感から来ている場合もありますが、

自分の力を過大評価していることから来ているかもしれませんよ。

 

 

-ひとりごと

Copyright© ヨコテンマニア , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.